三大欲求わすれてない?

9月のダイビング勉強会

9月第三週にダイビング勉強会しました。場所は毎回お馴染みの下北沢集合。

8月の勉強会の内容はこちらから💁‍♂️ 合宿前にカノジョと会ってました。 - 三大欲求わすれてない?

8月の合宿での出来事やら、先生にお土産の八丈島のお酒 島流しを渡したり雑談を交えながら勉強会開始!

前半 ダイビングの訴訟

前回に引き続きダイビングの訴訟内容を勉強していきました。

↓訴訟内容復習↓

・ダイビングのライセンス講習の際にLGL症候群〔心筋梗塞と考えてもらって良いです。〕を発症して溺死してしまった。

・海況が悪かったので、ライセンス講習からファンダイブに切り替えた。

今回学んだこと

チェックリストを作成しよう。 何かあった時のための自分の身を防衛する手段になりえます。海況、陣の人数、経験本数、難易度などを5段階で評価しておくことは安全なダイビングに必要なことで、いざなんか事故があった時とかの証明になる。

これは企業では当たり前のように使われてる処世術だ!1人では決定せずに、周りと上の立場の人と相談しながらやる。

予見できる能力を身につけよう

チェックリストを実行するためにはそれなりに予見できる能力が必要。上級生になるほど、その項目は増えてくる。

バックエントリーの段階的な技術

ボートダイブの時に結構みんなやるのがバックエントリーだけど、中級者向けのバックエントリーがあることを始めて知りました。

中級者向けのバックエントリーとは、海中に落ち込んだまま海面に再び上がることはなく、そのまま潜行するスタイルのこと。通常はBCに空気を入れてバックエントリー後の海面浮上に備えるが、この場合は空気を入れずにエントリーする。

流れの強い場所で海面集合が困難なところで有効。

つまり潜行方法のレベルアップにつながる。

潜行といえば、

ロープをつたっていく。

フリー潜行。

バックエントリーでそのまま。

の順で難しくなっていくが、このバックエントリーをなかなか出来る場所がない。しかし、いざやって下さいってなるとなかなか出来ない。30〜40本くらいいったら積極的に練習してほしいそうだ。