三大欲求を忘れるな!

究極のアンチエイジングは血管内皮の若返り

究極の若返りは血管内皮細胞を若返らせることだ

〇今現在日本は超高齢化社会をゆうに超えた存在であり、世界で経験した国はほかにない。 それは高齢者がめっちゃ増えたってこと。 ってなると、心不全が増えてくるんです。日本人の心不全患者の数は110万人で年間に入院する人は22万人もいるんです。 心不全はぽっくり逝くことがなかなかないんで入退院を繰り返すんで医療費も膨らむばかり。 心不全が減るだけで医療費の削減になる。

日本全体をアンチエイジングするために心不全の対策は必要なんですね。

ちなみに、

65歳以上の人の割合で決まる。

 

7パーセント以上     高齢化社会 14パーセント以上    高齢社会 21%以上        超高齢社会    で7の倍数で上がってきます。

心不全とは? 心臓のポンプ機能が悪くなってしまった状態。 少しの動作で息切れや胸の圧迫感を感じたり、つかれやすくなったりする。カラダがむくんだりもする。

動脈硬化が原因

動脈硬化とは、血管の壁が硬く変化するとともに、血管壁が厚くなり血液の流れが悪くなる状態。動脈硬化により虚血性心疾患や高血圧、心臓弁膜症、不整脈など、様々な原因で生じる。

まず、心不全をはじめとする循環器疾患は予防できるということを日本人がみんな知ることが大切だ。 予防のための知識を習得しましょう。 知識を取得すればアンチエイジングなんて大それたこと考えなくても自然と若返る。医師が一般的に若いのはそのためかもしれない。 後は早期発見のために定期健診を行うことだね。

動脈硬化にならないための健康増進には危険因子を排除することが求められているんだ。 1、喫煙 2、高LDLコレステロール血症 3、高血圧 4、糖尿病 5、メタボ

これらを排除しないとどんどん老けてく。 もし、心疾患になってカテーテルなどで助かったとしてもまた再発することは免れなくなってしまう。 アメリカなんかは入退院をつづけたために破産してしまった人もいるとか。